【Lond-term resident visa】

〇2022年より、5年間で100万人の資産100万米ドルを超える富裕層、

世界で通用する優秀で一流の外国人を呼び込むことが目標


〇カテゴリーは以下4つ(共にタイ政府へのビザ申請料5万バーツ)

①世界における単純富裕層(LTR-W)
②富裕退職者(LTR-P)
③リモート雇用主が上場企業で高収入、修士号以上などの者(LTR-T)
④タイ政府などで雇用される高収入、博士号などの者(LTR-H)

​【利点】

  1. 最長10年滞在(5年許可が最大2回)

  2. 90日レポートが不要で、代わりに365日レポート

  3. ​ワークパーミットの申請が可能

 

Wealthy Global Citizen

『条件』

※全てに該当すること

  1. 50万米ドル以上をタイ国債、不動産などに投資

  2. タイ国内で合計100万米ドル以上の資産を保有

  3. 年間8万米ドル以上の所得(申請日前2年間)

  4. 治療費5万米ドル以上の医療保険所持または、
    申請日前に国内または国外に1年以上10万米ドル以上の預金保持

 

Wealthy Pensioner

『条件』

※全てに該当すること

  1. 年齢50歳以上

  2. 年間8万米ドル以上の年金または収入があること(申請日前2年間)
    ​※4~8万米ドルの間の方はタイ国内に25万米ドル以上の資産でも可

  3. 治療費5万米ドル以上の医療保険所持または、
    申請日前に国内または国外に1年以上10万米ドル以上の預金保持

 

 

 

 

Work - From - Thailand Professional

『条件』

※全てに該当すること

 

  1. 年間8万米ドル以上の所得(申請日前2年間)

  2. 大学院以上(修士号以上)の学歴または、
    特許権などの知的財産権保持者

  3. 雇用主からの就労証明
    雇用主は、各国内の上場企業で申請日前の
    3年間合計で1億5千万米ドル以上の売り上げの企業

  4. 10年間内で該当分野の実務経験5年以上

  5. 治療費5万米ドル以上の医療保険所持または、
    申請日前に国内または国外に1年以上10万米ドル以上の預金保持

 

 

Highly - Skilled Professional

『条件』

※全てに該当すること

  1. タイ国内の教育、研究機関などからの雇用契約等の証明

  2. 就労できる事業は下記事業のみ
    (1) 次世代自動車産業
    (2) スマート・エレクトロニクス産業
    (3) 高級観光産業
    (4) 農業・バイオテクノロジー産業
    (5) 高付加価値食品加工産業
    (6) ロボット産業
    (7) 航空産業
    (8) バイオ燃料・バイオ化学産業
    (9) デジタル産業
    (10) 医療ハブ
    (11) 防衛産業
    (12) 循環経済(Circular Economy)支援産業(直接かつ主要事業であること。
    例:廃棄物燃料生産、水資源管理運営等)
    (13) 人材開発およびターゲット産業開発研究
    (14) ターゲット産業競争力向上政策委員会が承認する20カ年国家戦略に
    合致するその他のターゲット産業

  3. 年間8万米ドル以上の所得(申請日前2年間)

  4. 10年間内で該当分野の実務経験5年以上(博士号以上は免除)

  5. 治療費5万米ドル以上の医療保険所持または、
    申請日前に国内または国外に1年以上10万米ドル以上の預金保持

​​​

資料はこちら

(参考サイト-英語)
LTR Visa Thailand

https://ltr.boi.go.th/index.html

(One Stop Service Center-OSS)

LTR-visa.jpg
ノートパソコンに向かう女性
LTRビザ
フレンドリー・ヤング博士
24335659_m.jpg