• TM

【たぬきむじな事件よりひどい錯誤】

『じいちゃんが山で拾ってきた犬がなんかおかしいwwwwwwww【タヌキ】』




たぬき・むじな事件(たぬき・むじなじけん)とは、1924年(大正13年)に栃木県上都賀郡東大芦村(現在の鹿沼市)で発生した狩猟法違反の事件。刑事裁判が行われ、翌年1925年6月9日に大審院において被告人に無罪判決(大正14年(れ)第306号)が下された。日本の刑法第38条での「事実の錯誤」に関する判例として現在でもよく引用される。


『ウィキペディア(Wikipedia)より』


【【たぬきむじな】奇妙な名前の事件簿】

(資格スクエア代表 弁護士 鬼頭 政人先生)









25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示