• TM

【バンコク東急百貨店閉店 跡地にドンキ 日系デパート閉店相次ぐ】



コロナの影響もあり、タイの首都バンコクで日系デパートの撤退が相次ぐ中、その跡地に格安で知られる、あの日本の企業が出店する。


大勢の買い物客でにぎわっているのは、タイの首都バンコクにある東急百貨店。


1985年にタイに出店した東急百貨店。


他店との競争の激化に加え、新型コロナの影響で主力の外国人観光客が激減したことから、営業の継続を断念した。


来店客は「ここで買い物をしているときは、まるで日本で買い物をしているみたいだった」、「閉店したあと、この百貨店がなくなって寂しく感じると思う」などと話した。


バンコクでは、2019年から2021年にかけて、伊勢丹や東急という富裕層をターゲットに進出した日系デパートが相次いで閉店している。


従業員が来店客を見送る中、迎えた最後のとき。

東急百貨店は、タイでの35年余りの歴史に幕を下ろした。


バンコク東急百貨店・小河大介社長「当店は本日営業を終了いたしますが、バンコク東急百貨店とお客さまの思い出は美しく残され、永遠に不滅です。みなさま、ありがとうございました」


日本と同様、百貨店の苦境が続くタイだが...。


一方で店舗を拡大しているのが、日本では「ドン・キホーテ」として知られる「ドンドンドンキ」。


東急が出店していた商業施設によると、東急の撤退後は、この「ドンドンドンキ」のタイ3号店の出店が決まっているという。


利用客は「(ドンキには)さまざまな日本の商品があり、調味料など、ほかの店にないものがある」と話した。


「ドンドンドンキ」は、2019年にタイに進出したばかり。


新型コロナの影響で高まる低価格志向を追い風に、2021年の秋までには3店舗目を開業する見通し。


(FNNプライムオンラインより)




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示