• TM

【中国、武漢のコロナ惨状暴露の弁護人へ中国政府が弁護士資格はく奪】



新型コロナウイルスがまん延した中国・武漢の惨状を伝え、実刑判決を受けた市民ジャーナリストの弁護人が、当局から弁護士資格をはく奪されたことが分かりました。


弁護士資格をはく奪されたのは、人権派弁護士として知られる任全牛氏ら2人です。任氏は、新型コロナがまん延した武漢の惨状を伝えて、先月28日に懲役4年の実刑判決を受けた市民ジャーナリスト・張展氏の弁護人を務めていました。


資格はく奪の理由について中国の司法当局は、過去に担当した裁判の内容やインターネットでの発信などで「弁護士のイメージが著しく損なわれた」としています。


また、任氏は、船で台湾に密航しようとした罪で、先月30日に実刑判決を受けた香港の民主活動家らの家族からの依頼で、裁判での弁護や拘置所での接見を求めていて、JNNの取材に対し「資格はく奪の理由は言い訳で、今の2つの事件が直接の原因だ」と反発しています。

3回の閲覧0件のコメント

© 2016 by TM consulting,

Immigration Consultant.

proudly made with Wix.com 

TM consulting

294/1 Asia Building, 11th Floor, Room D, Phayathai Road,

Tha-non Petchaburi, Ratchatewi, Bangkok 10400

taikanren@gmail.com

日本語専用Tel: 087-013-4279

Connect online:

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon