【予防接種では、国家賠償?損失補償?】

更新日:2021年7月30日

(定義)

予防接種とは?

感染症の原因となる病原体の毒力を弱めたり、薬物で殺す(不活化)などして予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを「予防接種」といいます。 予防接種に使う薬液のことを「ワクチン」といいます。


(参考法令)

『国家賠償法』第1条(公権力の行使)

国(日本国)又は公共団体の公権力の行使に関する損害賠償の責任を定める。


『日本国憲法』第29条第3項

私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる


尚、義務や強制でもない『接種希望者』という論点は、一旦置いておきます



[行政法] 5章-4.損失補償

(yuの教育系YouTube[行政法] 5章-4.損失補償より)


また、『国家賠償法』第6条では以下のような規定があります


第6条(相互保証)

外国人が被害者である場合には、相互の保証(日本人が当該外国において同様の国家賠償を受けられること)があるときに限り、国賠法上の請求ができる


しかし、タイと日本とでは今のところ相互保証は無いので、タイ人が日本で、日本人がタイで賠償請求はできません






閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示