• TM

【人間を凶暴化する新型ウイルス蔓延で人類滅亡か!?/極限サバイバル映画『クレイジーズ 42日後』予告編】



『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のスタッフが描く、新たな人類滅亡映画『クレイジーズ 42日後』が2021年3月12日より公開されることが決定し、その予告編が解禁となった。


本作は、人間を凶暴化する新型ウイルス発生から42日後。「終末世界」のさらにその後を描く、サバイバルアクション。ある朝、ロサンゼルスのマンションに住むエイデンが目を覚ますと、テレビから緊急放送の文字が。外では人々が逃げ惑い、家の近くではヘリコプターが墜落。アナウンサーが、あるウイルスの蔓延を伝える。感染者は目から血を流し、叫び、人を襲うのだという。エイデンは、テレビのニュースと窓から見える景色から情報を得て、生き残りをかけたサバイバル生活を始める。42日後、もう世界には自分しかいないと諦めかけていたエイデンだったが、向かいのマンションに生存者がいることを発見。エイデンは、その生存者であるエヴァと協力し、絶望的な状況から抜け出そうとするが――。


人間の精神を犯す新型ウイルス発生。7日後には世界的規模で感染者が拡大。19日目、各地で都市封鎖、発狂する人々が街に溢れる。28日目、電力停止、地球は漆黒の闇に包まれる。そして41日目、全人類の99%が感染。もはや誰も逃げられない…。家族が、恋人が、友人が、あなたを殺そうと襲い掛かる。もう、挨拶すら通じない。感染者にあるのは、激怒と攻撃の感情のみ。国家、秩序、人間性がすべて崩壊した想像を絶する孤独と恐怖、絶望の世界。この恐怖は、絵空事ではない!


主演は、MTVの人気TVドラマ『ティーン・ウルフ』の主役に抜てきされティーン・チョイス・アワード主演男優賞を受賞したタイラー・ポージー。『エンディング・ワールド』のサマー・スピロ、『ハンガー・ゲーム』シリーズのドナルド・サザーランドらが共演している。アクション監督を務めたのは、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』『GODZILLA ゴジラ』『SUPER8/スーパーエイト』など超大作を手がけるティエール・ターナー。


映画『クレイジーズ 42日後』は、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて開催される「未体験ゾーンの映画たち2021」にて3月12日より公開となる。


【CAST】

タイラー・ポージー(『トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~』『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』『コラテラル・ダメージ』)、サマー・スピロ(『エンディング・ワールド』)、ドナルド・サザーランド(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)、ロバート・リチャード(『コーチ・カーター』『蝋人形の館』)


【STAFF】

監督:ジョニー・マーティン/脚本:マット・ネイラー(『#生きている​』)/アクション監督:ティエール・ターナー (『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』『GODZILLA ゴジラ』『SUPER8/スーパーエイト」0


【2020年/アメリカ/92分/シネスコ/字幕翻訳:松岡藍子/提供:日活/配給:AMGエンタテインメント】


3回の閲覧0件のコメント

© 2016 by TM consulting,

Immigration Consultant.

proudly made with Wix.com 

TM consulting

294/1 Asia Building, 11th Floor, Room D, Phayathai Road,

Tha-non Petchaburi, Ratchatewi, Bangkok 10400

taikanren@gmail.com

日本語専用Tel: 087-013-4279

Connect online:

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon