• TM

【台湾とパラオ間で隔離無し団体旅行を再開】



新型コロナウイルスの感染を抑え込んでいる台湾とパラオ共和国の間で、1日から団体旅行が再開されました。 渡航制限が緩和されたのは、台湾と、太平洋の島国・パラオ共和国との間の団体旅行です。台湾の衛生当局によりますと、団体旅行への参加者は、出発直前に空港でPCR検査を受け、陰性を証明する必要がありますが、台湾とパラオ双方で、到着後の隔離措置が免除されます。当面は週2便を運航し、1便当たりの乗客は110人を上限とします。 1日出発した台湾からパラオへの団体旅行の第一陣は、3泊4日のツアーで、およそ100人が参加しました。台湾を訪問中のパラオのウィップス大統領も同じ便に搭乗し、観光の再開をアピールしました。ただ、個人旅行での渡航は引き続き禁止されています。 台湾とパラオはともに、新型ウイルスの感染の抑え込みに成功していて、観光客の往来を再開することで、経済の活性化に期待していますが、双方の関係強化には中国が神経をとがらせています。


(Yahoo Japanより)





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示