【国際間取引(商行為)における基本の考え方】



『【弁護士が解説】輸入・輸出販売等のビジネスで外国企業とトラブルが起きた際の準拠法と管轄の考え方。契約書作成時に決めていない場合どうなる?』

株式会社エントラストパートナーズ 武山弁護士







閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示