【登録商標「宅急便」での魔女の宅急便とヤマト運輸の良い関係】


『魔女の宅急便』というタイトルが「ヤマト運輸の商標権に触れて問題になった」と一部で話題になった。


その原因は、原作者の角野栄子が、第1作刊行時の時点で「宅急便」がヤマト運輸の登録商標である事を知らなかったためである。


アニメ映画化に至っては、ヤマト運輸と正式なスポンサー契約を締結し、「こころを温かくする宅急便です。」のキャッチコピーと共にアニメ場映像をそのままヤマト運輸の企業CMに流用する事によって、この問題を解決している。

(ウィキペディア Wikipediaより)



『実は商標登録されている意外な言葉 3選| 弁理士同好会#34』




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示