• TM

またまたCOE手順の変更


9月27日に変更、10月末に変更と手順が変更、変更となっていましたが、

またCOE(入国許可証)の申請が変更となります。


ガイドライン


マニュアル


COE取得手続きの流れが一部変更

新システムの導入に伴い、手続きの流れに一部変更が加わる。今回の発表に記載されている登録ガイドラインマニュアルによると、COE申請時の必要書類は、(1)パスポートの写し、(2)追加書類(タイ入国目的に応じた書類)、(3)医療保険(注)の3点で、申請から3営業日以内に事前承認される。その後、15日以内に航空券と14日間の代替隔離施設(ASQ)の予約確認書を新システムを通じてアップロードすると、3営業日以内にCOEが発行され、システムからダウロードできる仕組みになっている。ビザを所持していない場合はCOE申請はできないため、事前に取得完了しておく必要がある。

これまでは、COE申請時の必要書類の1つとして航空券とASQの予約確認書の提出が求められていたため、COEの申請時点で航空券、ASQの予約が完了している必要があった。手続き上の余裕が少なかったが、今回の変更により若干の猶予が生じるとみられる。

(注)タイ滞在の全期間、申請者の新型コロナウイルス・関連疾患の治療費を含めた医療費を保証するもの。登録ガイドラインによると、COE申請時点で医療保険に加入していない場合、後日、航空券とASQ予約確認書とともにアップロードすることも可能。

(北見創)

『JETROビジネス短信より抜粋』

11回の閲覧0件のコメント

© 2016 by TM consulting,

Immigration Consultant.

proudly made with Wix.com 

TM consulting

294/1 Asia Building, 11th Floor, Room D, Phayathai Road,

Tha-non Petchaburi, Ratchatewi, Bangkok 10400

taikanren@gmail.com

日本語専用Tel: 087-013-4279

Connect online:

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon