5.png
 ワークパーミット
(労働許可証) 

 

 

 

 

 

 

タイで働くためには、ビジネスビザ(Bビザ)もしくは、Oビザ(Oビザカテゴリーの中にある、

タイ人の家族を持つ者のみ限定)以外にワークパーミットが必要です。

ワークパーミットとは、勤務先である会社が申請し、 タイ国労働局が労働者自身に付与するものです。

このワークパーミットを受け取ったからといっても、あらゆる労働を行って良い許可では無く、

ある特定の会社の、特定の業務にのみ、特定の期間、労働して良い許可です。

(ご参考)

ワークパーミットについて

 

 

 

 

※ワンストップ(OSOS)の使用許可を持つ企業様で、2年申請をされる方は、実費額が異なります。

※最終学歴の英文卒業証明書を事前にご準備いただくと。スムーズです。

※教師やBOI企業、タイ政府機関の特定の職種などを除き、就かれる職種や役職により、

高卒でも中卒でもワークパーミットを取得することができます。

【ご注意】

●ワークパーミット及びビジネスビザ延長共に、PP30、PND1、社会保険などの毎月の支払い、

及びPND50や商務省への決算書提出がなされていない場合は、申請不可です

●1年間許可を申請しても、国籍や過少売り上げなどにより、3~6ヶ月間の許可しか発行されないことがあります

●出張用WPは、WP10を12,000、BOIの出張WPも承ってっております

​ 

✉お見積,お問い合わせはこちらへ✉

 

 

 

Bビザとワークパーミットのキャンセル: 

※県によって、手順が異なります

✉お見積,お問い合わせはこちらへ✉

 

 

 

 

※一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)-旧HIDAによる労働局への出国許可申請、および日本国ビザ申請も承っております。

※日本でのタイ人従業員様の短期研修手続きも可

 (ビザ代行及びタイ政府への海外研修許可申請)​

(翻訳代は別途)  

 

✉お見積,お問い合わせはこちらへ✉

(参考)

​タイ人従業員の日本研修

2.png